飲食店でのアルバイト

飲食店でアルバイトをしています。
駅から直結の場所にあるので、毎日お客さんが多くて大変です!
朝は少ないと思われがちですが、利用客にビジネスマンも多いので、朝から店は常に120パーセントの満杯状態です。

大体コーヒー一杯か軽い軽食のみなので、回転率は悪くないので少し助かりますが。
どこのお店もみんなそんな状況なんでしょうね。
やはり込み合っています。
大学の近くでもあるので学生も多いです。
また近くに留学生用の専門学校があるので外国人留学生のお客さんもよく来ます。
この間はまだ日本に来たばっかりなのか、全く日本語をしゃべれないお客さんが来て対応が大変でした!なんとか身振り手振りでコミュニケーションをとって、カタコトの英語で事なきを得ましたけれど(笑)
あちらも慣れてない国での生活に大変なんだろうなあと思いつつ、もうちょっとしゃべってほしいなあ。
なかなか難しいですかね。
ふだんでもそれだけ大変なのに、年末年始には外にお客さんが並ぶほどの大賑わいで、お店的には大繁盛なのですが、アルバイターの私としては勘弁してくれよという気持ちでした。
遅番だと夜10時を過ぎるときもあるのでもうへとへとです。
でも夜の一杯の缶ビールと少々のおつまみでリフレッシュできるのでまあそれもいいかなと思いつつあります。
おやじくさいですかね(笑)!
またお店に来てくれたお客さんに「ありがとう」とか「美味しかった」と言ってもらえたり、常連のお客さんとあいさつしたり冗談を言い合ったりするのはとても楽しいので、実は天職なのかもしれません。
明日も朝からアルバイトがありますが頑張るぞ!

仕事は学習

今、コンビニエンスストアでアルバイトをしています。
うちのお店はシフトが、8時から13時の朝、13時から17時の昼、17時から22時の夕方、22時から8時の深夜の4つに分かれています。

殆どの人は決まったシフトに入り続けるのですが、私は収入の関係上、各曜日で朝昼夕方の色々なシフトに入っています。
時間帯によって少しだけ仕事の内容が違うので、どこでも入れる、というのはなかなか珍しいことだと思います。
それでも今まで、深夜だけは入ったことがありませんでした。
深夜と言えば男性が入っているイメージですが、女性でも入ることはできます。
しかしやはりどの店に行っても、男性が入っていることが多いです。
危険だということもありますが、力仕事が多いことも一つの理由だと思います。
深夜のシフトだけは朝昼夕方とは180度違う仕事です。
一言で言うなら、朝昼夕方の業種は接客業ですが深夜だけはそうではなく、店の雑務や事務処理、商品入れ替え、什器の調整が主な業務です。
別に深夜に入ることもないだろうし、仕事を学ばなくてもよいかな、と思っていたのですが、先日オーナーから、近々深夜に移るかも、と言われました。
深夜に入れば深夜給になり、稼ぎは増えるので、とりあえず了承しましたが、今になって不安になってきています。
昼や夕方、朝のシフトに初めて入った時も、ゼロからのスタートで、色々と学習しながら成長してきたはずですが、深夜は本当に仕事の内容が違うので、まともに使い物になるかどうか、あまり自信がありません。
先輩曰く、すぐに慣れるとのことでしたが、また一から学習して一週間くらいで使い物になれるといいなぁと思います。

«
»