手紙

学生の頃、話したいことがあるのに、家が遠かったり、学校であまり話せなかった時は手紙を書いて、友人とやり取りをしていました。
授業中に手紙を回して、先生に注意されることもしばしばありました。
文字にすると、話したいことをまとめて伝えることができるので、話下手の私にとって、手紙は便利なコミュニケーションツールでした。

小、中学生の頃には親しい友人と数人で交換日記なんかもしていたのを覚えています。
その日あった出来事や、家でのこと、勉強のことなど色々と情報交換したものです。
決まって私のところで日記が止まっていたのは、もう時効になるでしょうか。
そう言えば最近は、仕事以外で紙に文字を書くことが少なくなったように感じます。
例え書いたとしても、年に数えるくらいの手紙と、年賀状や季節の挨拶、ちょっとしたメモを取る、くらいのものでしょうか。
私は元々、手紙を書くことが好きだったのですが、最近ではメールやLINEでやり取りをする方が楽になってしまい、ペンを取る機会と言うのが減ってしまいました。
携帯電話やスマートフォンのデジタルな文字は味気ないのですが、伝えたいことがすぐに相手に伝えられますし、どこへでも持ち歩きできるのが便利ですね。
その反面、その人それぞれの文字の個性や、紙のあたたかさを感じることができないのは少し寂しく感じます。
ちょっと面倒でも、年に数回の手紙、季節の挨拶状くらいは、ぬくもりのある手書きの文章で送りたいものです。

«