長年の悩み

何をするにも覚えるまでに時間がかかる人、すぐに覚えてどんどん吸収していく人。
勉強でも仕事でも個人差と言うのはありますよね。
私はどちらかと言うと前者で、正確に作業しようとするあまり、時間がかかり過ぎてしまうと言うのが悩みの種です。

社会人になりたての頃には、そのことで随分と悩んだのを覚えています。
お世話になった職場の方には、スピードは後からついてくるよ、と言われたものの、やはり気は焦るもの。
そうかと言って、スピードをあげて作業すると、どこかしらにミスが見つかり、余計に頭が混乱。
こんな悪循環を何度か繰り返したことがありました。
そんな時に、少し気持ちを落ち着かせて考えてみたのです。
私は作業速度は遅いけれど、その分確認作業を正確にしてみたらどうか、と。
そうすればミスの数は減り、修正する手間も省けますよね。
ものは考えようです。
そう考えるようになってからは、だいぶ気持ちに余裕ができたように思います。
ただ、忙しくなってくると、その余裕がなくなってしまうことが多々ありましたが。
人によって、得て不得手があるのが普通なので、何もこんなに考え込まなくともいいのに、何でも考えすぎてしまうのが私の悪い癖です。
これは今に始まったことではなく、小さい頃からの性格なのかな、と良く考えます。
手が遅いのも、悩むほど考えすぎてしまうのも私の個性。
きっとこれから先も壁にぶつかって、悩んだり開き直ったりするのだろうなぁと思います。

«