大事なことは今とは限らない

二十歳のとき、同い年の彼の誕生日にディナークルーズを予約した。
海や船が大好きな彼。
一緒に沖縄旅行に行ったり、海沿いへドライブに出かけたりしていた。

互いに仕事をしていて、二人でゆっくりと海に行く時間があまりなくなってきた7月が彼の誕生日だった。
思い出に残る出来事をプレゼントにしたくてディナークルーズを選んだ。
クルーズといっても、地元のバス会社が運営していて、案外リーズナブルにフレンチのコースを堪能できた。

他のお客さんは50代以上と思われる夫婦や、大人カップルが多かったので、私たちはかなり若いカップルだったと思う。
乗り込むなり、デッキに出て写真を撮ったりしていて、席に着いたのは私たちが一番最後だった。

ホテルのレストランのようなフロアが二つあり、私たちは一階のレストラン。
そもそもフレンチのコースをあまり食べることがない年齢だったから、前菜の時点で「なにこれ!美味しそう!」と大きな声で言いそうで、二人ともニヤニヤしながら名前が分からない料理を堪能して楽しかった。

一階のレストランということは、船底に近い方なので、静かな海なのに揺れをたまにかんじた。
だからか、私はアルコールは遠慮していたが、お酒に強い彼はグラスビールを頼んだ。
メニュー表を見て、普通のお店よりも高いビールの値段に、たじろいでいたが、それは彼の誕生日だから気にせずに頼んでもらった。

こういうのはこっそりと支払いをするものだと思ったら、思いっきり席でお会計をしなければならないのを知った。
誕生日なんだからはからってよ!と思いながら支払いをした。

日暮れが遅い7月なので、メインのお料理が来たころに日が沈んだ。
綺麗な風景と美味しいフレンチで、楽しい夜だった。

«
»